2015年04月19日

春探し

2015年度がスタートして2週間が過ぎ、授業が本格的にスタートしました。
4年生は、理科の授業で学校周辺の春探しをしました。ただ探すだけでは面白くないので、「これは春だ!」と思った物を、子ども達自身にデジタルカメラで撮影してもらいました。桜やチューリップや、パンジーや菜の花など、たくさんの春を見つけてパシャパシャとシャッターを押していました。教室に戻ってから、みんなが撮影した春を電子黒板に映し出しました。中にはピンボケしているものもありましたが、自分が撮影したものが出てくると、嬉しそうな表情をしていたのが印象的でした。友達の視点を分ち合いながら、色々な春を観察することができました。
また、国語の授業では「春」をテーマにした詩の作成をしました。温もりに満ちた素敵な詩からは、春の輝きを感じることができます。
子ども達が作成した詩をいくつか紹介します。

春の花達
 春の花ってなんだろう
 ゆらゆらゆれるたんぽぽに
 いろとりどりのチューリップ
 それから大きなさくらの木
 そよそよゆらゆら
 そよそよゆらゆら
 ささやいている

さくら
 さくらの花びらがひらひら落ちる
 ちょうちょたちもひらひら飛ぶよ
 さくらの木はゆらゆらゆれる
 やなぎのなみ木もゆらゆらゆれる
 ああ また春の日が近づいてきたんだね

わたげのごせんぞ
 春になるときもちいい風がふく
 その風がたんぽぽにあたりわたげがとぶ
 そのとんだわたげは土の上に落ちてたんぽぽになる
 そのたんぽぽのわたげがまたとんでまたわたげになったら
 それがさいしょのたんぽぽのまごになる
 こうしてたんぽぽはごせんぞ様をつないで
 今を生きてる

神様が創造された素晴らしい自然界の中で、私たちは神様と触れ合い神様を感じることができます。神様が創造された自然の中で、自然を愛する心を育んで欲しいです。

春探し.jpg
posted by admin at 22:18| 4年生