2014年02月16日

児童造形展

11日から始まった児童造形展は、本日が最終日でした。
図工の時間に取り組んだ版画や貼り絵、紙粘土や段ボールの工作など、趣向を凝らした作品が展覧されました。
子ども達の作品は、形や色使いが型にはめられることがなく、見ていて楽しくなりますね。
自由な発想がとても面白く、見ている人を笑顔にしてくれます。
他の小学校の作品からも、新たなアイデアをもらうことができます。
「造る」ことの楽しさを、教えてもらえる造形展でした。

自動造形展.jpg
posted by admin at 21:39| 学校生活